経営理念・経営方針

岡山ハッピィライフ操風

岡山ハッピィライフ操風

〒703-8272
岡山県岡山市中区奥市2-8

電話番号:086-270-6200

詳細はこちら

デイサービスセンター操風

デイサービスセンター操風

電話番号:086-270-6201

ケアステーション操風

ケアステーション操風

ケアプラン操風

ケアプラン操風

サービス付き高齢者向け住宅とは 住み慣れた地域で高齢者が安心して居住できる賃貸住宅です

2019年
 




クリスマス会

12/13(金)
 ひと足早いクリスマス会を開催しました。今年もソプラノ歌手村上彩子さんとコーラスグループの方々に来ていただき、素敵な歌と楽しいトークで心豊かな時間を過ごしました。利用者様も一緒に口ずさみながらイキイキとした表情になりました。
 歌の力を感じました。
 


ハーモニカコンサート

12/3(火)
 「HAMANAさんとゆかいな仲間達」によるハーモニカ・チューバ・トランペットの演奏でした。演奏曲は「上を向いて歩こう」「きみといつまでも」「クリスマスメドレー」等温かい演奏で、ゆかいな仲間達の名前通り和気あいあいとした、楽しい雰囲気が伝わりました。
 




消防避難訓練

11/22(金)
 岡山防火管理センターの方から施設内の火災受信機の説明を受け、消火器を使用して初期消火の訓練をしました。また夜間の火災を想定して初期消火と利用者さまを避難誘導して避難経路の確認をしました。

 日頃から火災を想定してのシュミレーションが、もしもの時にあわてずできるといわれました。

 

敷地内の紅葉

11/18(月)
 秋が徐々に深まり、敷地内の木々も色鮮やかになりました。
 



クリスマスツリー飾りつけ

11/17(日)
 少し早いですが、利用者さま、ご家族さまにも参加いただき飾りつけをしました。
 色とりどりの飾りを付けながら「ここがいいわね」「こっちの色がいいかしら」「昔は家にも飾っていたのよ」と話も弾みながら丁寧に飾っていきました。
 ひとつの物をみんなで作ることで、話題や思い出も広がりました。
 



職員対象 緊急時の対応の勉強会 「窒息時の対応」

11/06(水)
 11/06~11/13まで施設内職員を対象に実技の勉強会をしました。
 デモスト用の人形を使いながら場面を想定して演習、職員同士の連携や協力体制など確認をしました。なにより日頃の観察や対応で予防できるスキルも磨くことも重要です。
 参加者は「いざと言う時に心構えができる」「あわてず出来る…かも」「みんなで出来ると安心」といった感想が聞かれました。
 窒息時の対応方法を、新たに知る機会になりました。
 



介護ロボットのお試し

11/05(火)
 岡山市介護ロボット普及推進事業に、デイサービスセンター操風が参加しました。
「PALRO」はコミュニケーションを目的としたロボットで会話・体操・ダンス・歌などレクリエーション等利用者さまとの関わりの場面で活躍しています。
 「PALRO」のかけ声に合わせて、利用者さまは体操をおこなっています。
 天気の様子も話しかけ、しばらく会話を楽しむことが出来ます。 また、「元気?」と気にかけてくれる言葉もあり気持ちが癒されます。
 「HAL」は、腰の加重負担軽減が出来るロボットです。このスーツを使用して職員の負担軽減ができ、利用者さまも安全安楽に過ごせるという利点があります。
 これからの介護現場に活かせるものです。
 



町内の子供だんじり 秋祭り

10/26(土)
 町内のお子さん方の元気なかけ声とともに、当高齢者住宅の敷地内をだんじりを引いてこられました。皆さまで手拍子にあわせて「わっしょい」と出迎えると、にこにこと笑顔いっぱいに挨拶をされました。
 利用者さまからお子さんにお菓子の差し入れをさせていただき、短時間でしたが、交流をして和やかな時間になりました。
 「かわいい」「元気をもらった」「ありがとう」「また来年も待っているよ」と声をかけると、「会えるの楽しみにしているよ」「元気でね」と声があちこちであがっていました。
 





秋の収穫祭 芋ほり

10/10(木)
 6月に植えたサツマイモを利用者さまと一緒に掘りました。
 待ちに待ったこの数ヵ月、出来栄えはここ数年で一番良かったです。 
暑いなか、みんなで水やりをしたおかげです。
 早速、収穫したばかりの芋を蒸かしておやつに提供しました。シンプルな食べ方が一番おいしいと皆さんからの言葉でした。
 自分達で作ったものを食べるのはひと味もふた味もおいしさが違いました。
 その後 栄養課から調理をアレンジして提供しました。
 

武術太極拳 演武

10/07(月)
 中国武術家・孔祥東(こう しょうとう)さんが来日されました。
 プロフィールの一部を紹介します。
 「中国北京生まれ 7歳から中国武術を習い始め、武術の普及のためアメリカ、オーストラリアなど多くの国に渡航した。
 中国武術7段 中国全国武術選手権大会42式総合太極拳第1位、42式総合太極剣第1位、武術太極拳の世界選手権で2回金メダルを獲得するなど多数受賞。
 現在 日本武術太極拳連盟の特別招請コーチとして来日し、日本各地で中国武術の普及に努めてきた。2018年・2019年「スポーツ功労者顕彰等に係る文化科学大臣顕彰」受賞。
 この夏は喜多方太極拳フェスティバルで表演するなど、日中青少年交流会に参加し日中両国の友好の役割も担っている。」
利用者さまのご家族という縁で、今回演武を披露して頂きました。
このような機会は滅多にないので、皆様 演舞中に気を感じ取ったようで、流れるような動きの中に凛とした力強さに集中しておられました。
 

ハッピィ コンサート

09/16(月)
 敬老の日をお祝いして、歌謡ポップス再生楽団リバースさまにお越しいただきました。
 利用者さまと御家族さま、総勢50名さまが参加しました。
 歌謡ポップスをはじめ、懐かしのメロディーなど生演奏を楽しむ機会となりました。
 曲に合わせて口ずさみ、御家族とその時代の思い出を懐かしんでいました。
 


和太鼓ふれあい櫻組の演奏

08/02(金)
 大きな和太鼓をまじかに見て全身を使う演奏だと感じました。
 演奏から心に響く力強さと、女性ならではの繊細さを感じました。
 利用者さまが和太鼓に触れる機会をつくってくれ、おそるおそる触れていましたが、ぬくもりのある感触に驚きと親しみがこもっていました。
 演奏後ある方は「若い人の力を頂いて元気がでる」と話されました。
 

ハッピィ花火大会

08/01(木)
 毎年恒例の花火大会を開催しました。
 夕暮れにあわせて、敷地内駐車場に盆踊りのお囃子が聞こえはじめ、今か今かとワクワク感が高まりました。
 打ち上げ花火が空高く上がると拍手と、歓声が起こりました。
ご家族も大勢来られて、皆さんで手持ち花火もしながら童心にかえり、にぎやかな時間を過ごしました。
 


当施設で御成町主催の防災訓練実施

07/28(日)
 各町民が防災グッズを持ち出して自宅から避難開始、町内の避難拠点の当施設に集合しました。その後、救護の一つとしてのAEDを使った救命訓練、災害時に役立つ段ボールを使用しての簡易トイレ作りを体験しました。
 町内の方々の強い結束を感じ、ここでの経験が“非常時にあわてない”行動につながると思います。
 

「アドバンス・ケア・プランニング」セミナー開催

07/23(火)
 当施設で利用者・ご家族さま、地域の方を対象に岡山市ケア総合推進センターの担当者から講演を頂きました。
 アドバンス・ケア・プランニングとは、“もしもの時”に判断してもらう代理人となる人と、人生で大切にしていることや治療の選択など、これからどのように生きたいかをあなたの考え方を事前に話し合い、共有しておくことです。

 私たちは、病気や介護が必要になっても、安心してその人らしく生き生きとした生活が送れるよう、笑顔で話せるうちから治療や今後について話ができるようお手伝いをしたいと思います。今決めても気持ちの変化はあります。その時、その場で意思決定のお手伝いをします。ご相談ください。

 


南京玉すだれ

07/19(金)
 社協からの紹介で、南京玉すだれ協会の岡崎静恵さまがこられました。
 岡崎さま曰く「口上が難しい」と言われながらも、巧妙な口上のリズムに合わせて見事な技を披露されました。披露されるごとに、大きな拍手が湧き起っていました。
 

七夕

07/07(日)
 皆さんで短冊にお願い事を書きました。
 自身のことよりも平和や家族の健康・幸せなどの願い事を書かれる方が多かったです。
 願いが天高く届きますように・・・。
 


祝百歳

06/05(水)
 今年、めでたく100歳を迎えられた方が2名おられます。
 長寿の秘訣は、よく食べて笑うことだそうです。笑顔の似合う先輩方の言われることはもっともなことです。これからも一日一日を大切に笑って過ごしましょう。
 


消防・避難訓練

06/02(日)
 夜間の火災を想定して、職員で連携して消火訓練と避難誘導をおこないました。
 実際の火災をイメージして消火ホースを持つ手に力が入りました。
 また避難場面では入居者さまの協力を得ておこないました。
 防災について日頃から消火器の位置や避難誘導経路を意識することも大切です。
 



サツマイモ植え 05/30(木)
 岡山後楽園ロータリークラブの方々14名が慰問に来られました。
 屋上庭園に紅イモと鳴門金時を一緒に植えました。
利用者さまの中には苗の植え方のレクチャーをされる方もおられ、今から秋の収穫が待ち遠しい様子です。
 その後ロータリークラブの方々と談話や健康体操をして和やかに過ごしました。
 



貯筋体操の取り組み 05/10(金)
 昨年から「運動して筋肉を使って貯めよう筋肉貯筋」を始めています 。
 作業療法士・理学療法士が中心となり、貯筋運動のおこない方を説明しました。毎日実践して貯筋通帳に記入して、コツコツと筋肉を貯める仕組みです。

  “継続は力”です。通帳にこんなに貯筋できました。今年度も取り組んでいます。

 


衣類の移動販売 04/21(日)
 昨年も好評だった衣類の販売を開催しました。
 日曜日だったのでご家族と一緒に選ばれている方もいらっしゃいました。 鏡の前でブラウスをあてながら「似合うかしら」と微笑むと華やかな様子でした。
 

 

運営懇談会 04/16(火)
 運営懇談会ではよりよい暮らしに向けて職員・利用者ご家族さまと話し合いをおこないました。

内容は

①今年度の目標として「入居者様の心とからだの健康を維持」入居者様の様子を報告して各部門の取り組みを伝えました。
②3月から開始した外部事業所介入による居室清掃の状況と改善

 詳しくは、各利用者さまに資料と質問、それに対する対応を回答した文章をお送りしました。 今後も多くの方に参加いただき、施設運営や生活に関する意見交換をしていきます。

 


奥市グランドに花見 04/06(土)
 満開の桜のなか、自然と笑顔もほころんで桜にちなんだ懐かしい思い出話もきかれました。 今年の桜も見事でした。
 



花見弁当 04/03(水)
 ふたを開けると彩鮮やかなお花見弁当「料亭みたい」とうれしい言葉を頂き、皆様の満面の笑顔が印象的でした。栄養課ではこれからも季節ごとの食のたのしみの提供をします。
 午後から日中友好協会の池田武久さまとご友人が慰問され、ハーモニカ演奏を披露されました。 ハーモニカの懐かしい調べに合わせて皆さまで一緒に歌いました。
 

岡山市デイサービスインセンティブ事業の表彰 03/20(水)
 デイサービス利用者さまの状態改善に成果を上げたとして表彰施設のひとつに選ばれました。これからも利用者さまの自立支援や笑顔や、やる気を引き出せるよう努力をしていきます。
 

 

桃の節句 03/03(日)
 皆さまに健やかに過ごしていただけるよう、栄養課からちらし寿司の提供をしました。
 

バレンタインデー 02/14(木)
 日頃の感謝をこめて過ごしました。
 
節分 02/03(日)
 男性職員が鬼になり、心の鬼を退治して、福を招きました。
 




春の訪れ 01/13(日)
 施設内の河津桜が咲きはじめました。春の訪れを感じました。